アズーロ・エ・マローネは本当に定番なのか?

着こなし

ドレスファッションに多少興味がある人なら、「アズーロ・エ・マローネ(azzurro e marrone)」という言葉を聞いたことがあるでしょう。
これはイタリア語で「青色と茶色」を表しており、ファッション用語では主に紺×茶や青×茶の色合わせを指して使用されることが多いです。

曰く、イタリアの伝統的な色合わせとか、イタリア伊達男の夏の色合わせだとか、様々な言われ方をしていますが、あまりに濫用されすぎている印象があります

青系×茶系ならとりあえず何でもかんでも「アズーロ・エ・マローネ」って言っておこう、みたいな。

だって、ネイビーのスーツにブラウンの靴を履けば「アズーロ・エ・マローネ」なんでしょうか?なんか、取り立てて名前つけるほどの色合わせですか?

あと、青色と紺色ではまったく色味が違います。ファッション業界なのにこの辺りを雑に使っている点も、個人的には気になります。

そもそも、これは誰が言い始めたのか?元々はどういう意味なのか?
調査してみました。

イタリア語でググってみた

青色と茶色の組み合わせってイケてるよ!というファッションスナップ(女性)とか、生地屋さん?のサイトしか出てきません。
そりゃそうか。「青色と茶色」って検索しているんですから。

ただ、「アズーロ・エ・マローネ」という格言というか、定型文のような言い回しがイタリア本国にはなさそうなのは分かりました。
多分日本だけのファッション用語なんでしょうね。

一番古い「アズーロ・エ・マローネ」を探してみた

Googleの日付指定コマンドをご存じでしょうか。”before:”や”after:”の後に日付を入れることで、公開日で検索結果を絞り込むことができます。
このコマンドを使って、最も古い「アズーロ・エ・マローネ」を探してみましょう。

当サイトで調べたところ、下記のリングジャケットさんの昔のブログが一番古そうです。

“azzurro e marrone”(ネイビー・ブラウン) イタリア伊達男が夏場に愛するこの2色にちなんで今季RINGJACKET MEISTERでは“azzurro”(ネイビー) はもちろん“grigio e marrone”(グレイ・ブラウン)をお勧めいたします。

定番ではありますが近年注目されているグレイと暖色でありながら清涼感を感じさせるグレイッシュなブラウンに注目です。

http://www.ringjacket.co.jp/mt/ringja/2007/03/

これで、少なくとも2007年には知られていたことがわかりました。

ただ「イタリア伊達男が夏場に愛する」という表現がされていることは注目に値します。
現在では、定番の~、とかイタリアの伝統的な~みたいな紹介のされ方が多いように感じていますので。

誰が流行らせたのか?

結論から言いますと、よくわかりません。

色々とネットサーフィンして調べたところ、2014年~2015年くらいにトレンドとして複数の雑誌で特集記事が組まれていることがわかっています。

前述の通り2007年にはあった言葉であることは明らかになりました。
元々ファッション業界にあった言葉が、この2014~2015年頃に定着して猫も杓子も使うようになり、今に至る、というのが現時点の仮説です。

容疑者は

  • BEAMS
  • Men’sEX

この辺りだと睨んでいます。

そもそも、「アズーロ」って何色なの?

イタリア語には、青色を指す言葉が複数存在します。
それは下の三つです。

azzurro-アズーロ

宝石のラピスラズリが語源。一般的には鮮やかな青を指すことが多い。

blu-ブルー

英語でいうblue。青色。

celeste-チェレステ

「空」という意味もあるようです。空色、スカイブルー。

アズーロは明るい青色

アズーロはかなり明るめの青を指すようです。なお、ネイビーブルーは普通にイタリアでもNavyだそう。

そもそも、「アズーロ」色の服を日本で見つけることが難しいんじゃないでしょうか。

「アズーロ・エ・マローネ」は難しい

見出しの色を「アズーロ・エ・マローネ」にしております。

ファッション用語としては、イタリア語の原義を拡大解釈して青系×茶系なら何でも「アズーロ・エ・マローネ」といっていますが、何にせよ色の合わせとしてはうるさくなりやすく、難しい配色だと思います。

色の合わせは、基本的には同系色で合わせるのが失敗が少ないと考えています。

例えば、もしネイビーやブルーのスーツに茶系のネクタイを合わせるとしたら、ネクタイの柄やストライプで青系の色を拾うような工夫が必要になります。

青系と茶系でもし合わせるなら、

ネイビー×キャメル

ネイビー×ベージュ

くらいにしておくのが好きです。
靴はブラウンかダークブラウンがいいでしょう。

決して、「アズーロ・エ・マローネ」が好きな人を否定するわけではありません。
ただ、「定番の色合わせ」「間違いない配色」のように喧伝するのは、いささか誇張が過ぎるように思うのです。

コメント